2017年07月29日

小説のリズム

文を幾重にも幾重に重ねて形にしていくのが小説であるが、作家によって文の重ね方も様々だ。いかに文章を続けていくか。文章を文章として成すための文と文を繋ぎ合わせるためのリズム。いかにリズム良く話を進めていくか。これが小説家の道を分けると私は思う。

 もちろん適した言葉を組み合わせ優れた文を作ることも重要だ。ただ、それを文章にする上でリズム感、間の取り方も非常に重要になってくる。


 例えばこれは私が先日アップした武さんとさんまさんの創作の話なのだが、遊びで書いたこの文章でさえ、私は間の取り方に苦悩した。
(これから説明することはあくまでも私の考えであって、これが正解ではないと断ずる方も恐らくおられることを承知の上読んでいただきたい)


 このシーンは、武さんのマネージャーがカップ焼きそばも作れないという失敗談を、武さんがさんまさんに説明しているところ。

武「まずね、あいつ老眼だから、焼きそばの作り方の説明文をよく読めないの。あれってけっこう字ちっこいだろ。でさ、二カ月くらい前かな。初めてカップ焼きそば作ってきてくれって頼んだんだよ。給湯室でやってきてくれって。で、俺は台本に目を通して待ってたわけ」
「はい、はい」と、相槌を打ちながらも、さんまの眼球は今にもこぼれ落ちそうになっている。
 この男は笑い話が大好物なのだ。溺れた状態で浮き輪と笑い話が流れてきたら、この男なら迷わず笑い話に飛びつくのではないだろうか。生きることは笑う事、死してなお笑いを欲する。
武「で、ちょっと戻ってくるの遅いから、給湯室混んでるのかな~くらいに思ってたわけ。そしたらそいつ戻ってきて、自慢げに言うんだよ。『武さん、焼そば作って参りました』って、こんな顔してさ」
武は大げさに顔をひん曲げて見せる。それと同時に、さんまは顔を上げ手を鳴らす。
さんま「いや、その人にしたら頑張ったのかもしれませんやん。大変な作業だったんでしょう、きっと」

この会話の中でさんまさんがいかに笑い話好きかを、読者に伝えるための一文を武さんの内心で語らせて部分がある。

それが、これ
この男は笑い話が大好物なのだ。溺れた状態で浮き輪と笑い話が流れてきたら、この男なら迷わず笑い話に飛びつくのではないだろうか。生きることは笑う事、死してなお笑いを欲する。


私は当初この後に、+8行の文を続けていた。それを書いてる途中まではいい感じの流れが文章にあったのだが、その後に武さんにマネージャーが部屋に戻って来たことを声に出して説明させると、何とも不格好な流れになってしまったのだ。

 それの当然のことだ。武さんが喜々としてさんまさんに話をしているシーンで、武さんがさんまさんをどのような人間と思っているかを10行近くも説明させるのは無駄が多すぎる。しかし私はそこで苦悩に陥ることになる。

 何故なら、私の空想でありながらも、なんとも武さんらしい文章を書き上げていたのだ。文章のリズム、間を壊してでも自分が気に入った文章を取るか、文章の流れを取るか。
悩んだ末に私は流れを取った。私の中ではどんなに優れた文であっても、文章のリズムを壊すことは許されないのだ。

 そのため私は、気に入っていた8行の文章を削除した。この話を長編として書いていたなら、その文章を別の場所に持っていき形を多少変えいかしたかもしれないが、こんな短い作りの話の中には組み込みようがなかった。

 遊びで書く小説もどきにさえ、文章のリズム、流れ、間というものを避けて通ることは出来ないという話でした。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログの左上の方にある人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしければお願いします。
posted by シバモト at 20:14| Comment(0) | 小説に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

人気ブログランキングの順位の伸び悩み

 私は小説を執筆するという仕事をしながら、なんとか時間を見つけ最近再開したブログの記事を書いてるわけだが、記事を上げる気力が半減するような問題に突き当たっている。それが人気ブログランキング内での私のブログのランキングの停滞だ。

 ブログを再開し始めて人気ブログランキングに登録したあたりの時は、記事をアップする度にランキングが上がっていたのに、今では記事を上げてもランキングは変わらずか、逆に順位を下げてしまうことまである。
 こういったランキングに参加していると、順位の停滞や多少の乱高下は付きものらしいが、順位が下がるとやはり悔しい。それも記事を上げて下がるのは筆舌に尽くしがたい悔しさだ。思わず叫びたくなるくらい。
naxtupa.jpg



 記事を50や100ぐらい上げてるのならともかく、まだブログを開始したばかりでスタート地点に突っ立ってるような私が愚痴を言う資格などないのかもしれないが、順位が下がっているのを確認してしまうとやはり悔しさが滲み出てくる。そのため、自分の人気ブログランキングのページに行くと、私は毎回薄目で赤い矢印があるかどうか確認する。上向きの赤い矢印があればランキングは上昇しており、下向きの青い矢印が表示されてやがったらランキング内での順位が低下したことを意味するため、恐ろしくて直視することが出来ない。気にし過ぎと思われるかもしれないが、私はこういったものに神経質になってしまうタチのため仕方ない。薄目でビクビクしながら見ようが、目をひんむいて見ようが結果に変わりはないのだけれど、私はそうしている。
だがそれでもやはり順位が低下していれば
bezi-ta.jpg

  こうなるわけで。

 ここで文句を言うのなら、もっといいね!をされるような面白い記事を上げろと言われそうだが、面白い記事って何? ブログというものもなかなか奥が深い。


 
 そしてここで大きな問題がもう一つ。

明日、ドラゴンクエスト11が発売されるのだ。
 
 私はあまりゲームをする方ではないと思うが、このドラクエシリーズだけはほぼすべてクリアしてきた。(ほぼというのは、10だけは通信費など余計な金がかかることを知りプレイすることを諦めたのだ。毎月1000円だか2000円もかけてまでプレイする気はドラクエ好きの私でも起こらなかった)
 
 しかし今回は余計な通信費用も掛からないようなので、ただでさえ時間がない私でも手を伸ばしたい衝動に駆られている。しかも今回の作品はドラクエ発売30周年の記念作なのだ。これは往年のドラクエ好きなら何としてもプレイしたい作品だろう。

 だが先ほど書いたように人気ブログランキングの順位の低下も非常に悔しいため、今回はドラクエが発売されたことを忘れて、仕事に専念しその上でランキングの上昇を狙って行こうと考えている。ドラクエにはすまないけれど、今の私には11の世界を魔王から救う事よりも、仕事とランキング内の順位を守らなければならないため、今作は見捨てさせてもらうことにした(実は見捨てた理由がもう一つ。それはドラクエ9で行われた技名の変更だ。メラゾーマをメラガイアー、イオナズンをイオグランデまではまだなんとか許せた。でもバギクロスをバギムーチョはないだろう。やる気が失せるほどの酷い技名だ)


 なので、私はこれからもブログの更新は出来るだけ続けて行こうと思っている。よし、頑張ろう。あと昨日からなぜかテンション高めの記事で私らしくなかったので、次の記事からは大人しく書いていこうと思う。




(もしも、もしも更新が滞っていたなら、「あ、あいつドラクエ11にも手を出したな」と思っていてください。手を出すことはないはずですけど)


ブログの左上の方にある人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしければお願いします。押してもらえると元気が出ます。
posted by シバモト at 19:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

すすきのという街



   すすきのという街

susukino.jpg



北海道内で一番の繁華街と言えば、それは間違いなくすすきのである。居酒屋やバーはもちろん、カフェに、娯楽施設に、性風俗店、なかには少数性的嗜好者のための店もしっかりとある。楽しもうと思えばいくらでも楽しめる街だ。
 ただそこはやはり繁華街。危ない店もチラホラあるとの話は、すすきのとはだいぶ縁遠くなった私の耳にも届く。お酒を度を超えて飲んでしまったり、羽目を外し過ぎてしまう方には注意が必要かもしれない。まぁおかしな客引きに引っかからないようにしてさえいれば、すすきのは安全な繁華街なので十分楽しめるだろう。

 
    ・すすきのの変化
 これはすすきの好きの多くの方が感じていると思うのだけれど、すすきのに来る客質の低下が酷い。失礼な言い方かもしれないが、子供のまま大人になってしまったような客が本当に多くなった。中学生にも見えるようなあどけない顔をした大人たちが、街中で「いやぁ俺昨日もナンパして女を何人か…」とか「俺が指名したキャバの子が俺のこと離してくれなくてさー」とか、武勇伝か何か知らないけれど街中でいきがっているのを見ると、何だかお酒を飲む前から悪酔いしてしまいそうになる。大人の容姿はしているけど実は大人になりきれていない子供が、すすきのに来ることを否定しているのではない。事実か妄想かは知らないが、そんなくだらない話は自分たちの輪の中でしていればいいことで、大好きなすすきのの街を歩く私のような人間を巻き込まないでほしいのだ。あと最近は日差しも強くなって気持ちいいのかもしれないけれど、街中で突然「ウェーーイ」とか叫び出すのも止めてもらいたい。そういう猿のような行動は巣があるなら巣で、ないならしっかりと山に帰ってから仲間たちと好きなだけ叫べばいいことであって、私のようなまともな神経を持った人の近くでするべきではない。いくら叫ばれようが私は猿のエサは持ち合わせてはいないのだから。

 まだまだ言いたいことはたくさんあるのだけれど、書いていたらきりがないのでこの辺で客質についての話は止めようと思う。


 で、もう一つのすすきのの変化は、客質の変化に伴ってのことなのかはわからないが、すすきのの店で働く人間たちの質の劣化だ。私が大人になったからそう感じるのかもしれないが、とにかく、とにかく、とにかく、店員の質が悪い。言ってみれば、飲み屋で働いてる子どもがたくさんいるのだ。子供がすすきのに勢いだけで店を出し、そこに子供がわんさとやってくる。日本での客商売上、客に対して最低限の礼や態度は必要だと思うが、客が「ウェーーイ」なら店員も「ウェーーイ」なのである。猿の惑星ではなく猿の街だ。ニッカの看板を前に膝を落とす私。


nixtuka.jpg


「ここはすすきのだったのか」



 いや、街が変わっていくのは仕方がないことだとは思う。自分の大好きだった街が変わってしまったからといって嘆いても仕方ない。しかし変わることと失うことはまるで意味が違う。今のすすきのは昔から持っていた怪しさを失ってしまったように私は思う。自然と身を引き締め歩いていた怪しい街が、今では子供や猿が我が物顔で闊歩している。
 多くの人が訪れることが出来るようになったのは良いことだけど、やっぱり私は残念な気持ちが強い。本来のすすきのが持っていた形、色を失ってしまっている。そしてそれがすすきのに戻ることは、きっもうないのだろうと私は思う。



saru.jpg 今のすすきのはこんなのだらけ。


こりゃどうしようもない。

posted by シバモト at 15:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。