2017年08月27日

穏やかな暮らし



お酒を飲みに行ったという記事を書いた翌日にこんなこと言うのもおかしな話ですけど、穏やかな暮らしに憧れ始めています。(以前にもこんなこと書きましたっけ)

夜の十時ごろにはベットに横になり、朝の八時ごろのんびりと起き出し、半分寝ぼけた頭でコーヒーを淹れる。私が穏やかな秋の空の下飲むなら、香り高いキューバのクリスタルマウンテンの豆もいいけど、やはりケニア産の深煎りを選ぶでしょう。タンザニアのキリマンジャロに比べればアフリカ系ではイメージは低いけれど、とても良質な豆で飲む者を唸らせるコーヒーなのです。深煎りにした際の香りや甘みの伸びが素晴らしく、それでいて安定した味わい。

 そんなコーヒーを淹れ、白い皿にポツリと乗った焼きたてのトーストを一口かじり、私はつぶやくのです。

「何はなくとも良い一日の始まりだ」 なんてアホなことを言ったりして

仕事も投げ出した私は、好きな音楽を流しコーヒーと小説を楽しむ。10時を過ぎ少し口寂しくなった私はキッチンに立ち、あくびをしながらイチジクの皮をむく。そして一口つまみ食い。


その後は読んだ小説の一文なりを万年筆で紙に書き起こし、どのような人生経験を得てこの本を書いた作家はその一文を生み出したのかと吟味する。

自分の懐に一歩近づいた一文の前後に、自分で考えた文章を重ねる遊びを、昼の軽食とともに行い、眠くなればソファに座りひと眠り。

午後三時ごろ目覚めた私は慌てることなく水出しコーヒーを淹れ、陽が落ちるまでの一息を満喫。

 それで夜ご飯を食べ、またゴロゴロする。本を読むなりなんなり自分の好きなことをして、気が向いたらパソコンに何か文章を打ち込む。

完全なグータラ生活ですけど、こんな生活に憧れもします。きっと忙しくなければそれはそれで寂しいとは思いますけどね。
でも一日の予定も何もない中で、自分で挽いたコーヒーにポタポタとお湯を入れていくのは楽しいだろうなと思います。


なんのこっちゃって記事ですね、すいません。


追記 今日は久しぶりにランチに行ってきたのですが凄く楽しかった。料理も美味しかったしお店も雰囲気も良かったのですが、何よりランチに行った相手が良かった。一緒にご飯を食べる相手が素敵な人だと料理はもちろんのこと、空気まで美味しくなりますよね。凄く充実した時間だったので明日もランチに行きたいくらいです。



最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説家ランキング

posted by シバモト at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。