2017年10月02日

黄昏たい時



たまに黄昏たくなる時ってありませんか?

私はよくあります。

風に吹かれてコーヒーでも飲みたいような気持ち。


ちょっと遅いですけど、一冊の文庫本を手に夕焼けに染まる夏の終わりの海を眺めるなんて最高ですね。


潮風に吹かれる車の事を心配しながらも、暮れてゆく空に思いをはせる。


いやぁ~、黄昏てますね~
ad962643be8ed335f6d3521573d527b4_400.jpg





はい、私は何故こんなことを言っているのか、


実は昔に書いた作品を書き直そうと思っていまして、その作品で後戻りのできなくなった犯罪者5人(そこまでの悪人ではない)を黄昏させるシーンがあるんですけど、どこで黄昏させるか迷っていましてね。

当初は海の見える山林の空き地だったのですが、やはり思いっきり砂浜で黄昏させる方が絵になるかな~と考えてみたり。


で、夕暮れの海を眺める犯罪者たちの傍らには、ボロボロになった廃車寸前のMazda プレマシー 20S-SKYACTIV L Package
70063001263017042600200.jpg





(私は作品の中でよくマツダ車を使います。ちなみにこの犯罪者たちがプレマシーの前に乗っていたのはマツダのアテンザセダンです)


そんなシーンを書きたいのですが、それには大幅な手直しが必要になりそうで・・・


でも意外と朝焼けの海にも、ボロボロの犯罪者たちとボロボロのプレマシーなら絵になるかなぁなんて構想を練っている私でした。(朝焼けにするなら手直しは少なくて済みます)
11076014922.jpg





最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説家ランキング
posted by シバモト at 19:47| Comment(0) | 小説に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。