2017年11月21日

アップルジンジャーは少し辛めで



   今日のつぶやき
今日は昨日よりもさらに路面がつるつるで、今季初めてひっくり返ってしまいました。
転ぶまでに多少の抵抗はしたんですよ。氷に足を取られた瞬間に体重移動をし、無事な方の足をこまめに動かし何とか体制を整えようとしたのですが、無駄な抵抗でした。多くの人が通る中、思いっきり氷った路面に体を叩きつけましたよ。
 こういう時って変に心配しないで通り過ぎて行ってくれた方がありがたいんですけど(恥ずかしいから)、今朝は講義に向かっているのであろう大学生らしきカップルの彼女の方に声をかけられてしまいました。
彼女らしき人「大丈夫ですか~」
私「はい、大丈夫です」
彼女らしき人「すっごい滑り方でしたね」
私「ここ毎年滑りやすくなるんですよね~ 去年もここで転んだ覚えがありますよ、ははは」
ここで私は強く思うのです。『大丈夫だってわかったんだから変に会話をしてこなくていいよ。恥ずかしいからもう行ってくれ』
彼女らしき人「去年もここで、悪運強いですね」
まだ話そうとする彼女と、必死に氷の上で立ち上がろうとする私を半笑いで見下ろす彼氏。顔は良く言ってもバナナマンの設楽、悪く言えば栄養失調のやせ細ったゴリラ。
そんな顔でニヤついてる暇があったら手でも差し出してほしかったです。


朝から滑った流れで今日は忘年会で大滑りした話をしようかと思いましたが、(・∀・)ニヤニヤと見下ろされていたのが悔しかったので、違う話を。


私が好んで飲んでいたディーンアンドデルーカのアップルジンジャーを飲み干してしまったので、仕方なく札幌の百貨店に行き他のアップルジンジャーを買ってきました。

私はジンジャー系の飲み物が好きで、中でも特にアップルジンジャーが好きでして、毎日飲むとまでは言いませんがリラックスしたいときや仕事の休憩時に飲み、頭の鈍りをほぐします。
実際にそんな効能はアップルジンジャーにはないのでしょうが、自分に合った食べ物や飲み物を口にすると自然と自分の中の何かが開けてくる気持ちになるんです。
IMG_6493web-683x1024.png


そんな時に書く文章はやっぱり出来がいい気がしますし。

これからはアップルジンジャーを持ち歩く生活にしようかな。そして札幌にある美術館を見て回ったりして感性を高めるのもいいかもしれない。

でもアップルジンジャー入れた水筒持って転んだら、何か憐れな気持ちになりそうですね。
「私は何やってんだ」って・・・


でもアップルジンジャーは少し辛めが一番おいしいんですよね。

程よい辛さに+1されたくらいの味が一番。

国立新美術館で体の空気を入れ替えて、札幌とは違う都会の空気を吸いながらミッドタウンのディーンアンドデルーカへ行き、瓶に入ったアップルジンジャーを飲み、札幌に持ち帰るための冷水や温水で薄めるタイプのアップルジンジャーを買う。これも幸せの一つなんですよ。
keikonoryokouki-2013-02-22T19_03_14-2.jpgbst_dd_juice130404_img.jpg

そして12月の夜ならアップルジンジャーの入った袋を持ったままけやき坂へ行き、イルミネーションを眺めながら蔦屋とコラボしているスタバに入るのです。
CIMG9898.JPG



そういう有名どころに行きたがるのは田舎者の特徴ですって?

何とでも言ってください! 私は根っからの田舎者ですから痛くもかゆくもありません。

他人に何を言われようと笑われようと関係ないのです。自分が楽しいと感じられることをすることが一番。


最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説ランキング
posted by シバモト at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。