2017年11月22日

忘年会や新年会の楽しさ そして飲み疲れ・・・


    今日のつぶやき
夏の間毎日のように見かけていた野良猫を、秋の終わりごろからすっかりみなくなってしまった。去年の冬も見なくなったが今年の春には姿を見せていたので、どこかにはいると思うのだが、身も凍るような寒さの中どうしているのか心配になってしまう。
見るからに野良猫風だったが、冬の間だけでも誰かの世話にでもなっていればいいのだけれど。この辺りには寒さを防げるようなところもないはずだから、誰かに助けてもらっていないと相当に厳しいはず。
去年の冬も乗り越えて春にはヒョコヒョコと散歩していたのだから、冬を乗り越えられはするのだろうけど、春の香り漂うお日様のようにのどかな顔をしていたあの猫が寒さに凍えていると思うと、何も出来はしないのだが、助けてやりたい気持ちになる。
cat_aids.jpg



来年もまたのほほんとした顔で春の香りを嗅がせてくれることを願っている。
2272805.jpg


もう年末も間近に迫っていて、忘年会の予定などで大分スケジュール帳も埋まってきています。でも悲しいもので、私の忘年会の回数も依然と比べたらけっこう減ってしまったように思います。私が悪いんですけどね。一時期は付き合いのある人間の数が異常に多く、週に3度は飲みに出ても飲み会の誘いが絶えないくらいでした。忘年会や新年会となれば連日連夜飲み続けた年もあります。
67676767.png



 そんな私も年齢を重ね健康にもだいぶ気を遣うようになり、浅い付き合いの知り合いからの誘いを断る様になっていき、それを数年続けているとかなら飲み会に誘われることも少なくなり、ゆっくりと年末年始を過ごせるようになりました。それはそれで寂しいっちゃ寂しいんですけどね。

特に忘年会、新年会って盛り上がり方が普通の飲み会の時とは大違いなことが多くて、私もあの空気が大好きなんですよ。飲んで食べて猿のように笑って、翌日にはもう声はガラガラ体はボロボロ…それでもまたその日も飲みに行き、集まったメンバーを見ると「またお前いるのかよ!昨日年忘れの儀式したじゃねーか、何回年忘れしたら気が済むんだよ」と、忘年会あるあるで盛り上がり、前日に披露した私の鉄板ネタをまた見せつけるのです。←この鉄板ネタ普段の飲み会ではウケが悪いのですが、馴染のメンバーでの忘年会や新年会ではバカみたいにウケるんです。

 ブログ関係の知り合いも増えたのでいつかみんなで集まってそういう飲み会を開きたいんですけどね。そうしたら私は恒例の鉄板ネタを・・・やらないでおこう。初見でのドン引き率98%ですから。私のイメージとは合わないとほとんどの人が口をそろえて言いますからね。でもいつも笑わせてもらっているのだからと感謝の気持ちを込めて、年末年始の飲み会では笑わせる側に回るのです。

そして笑わせ笑いあった翌日に飲むアップルジンジャーは格段に美味しいんですよ。正直お酒より美味しいかもしれません。
濃い目に作った冷えたアップルジンジャーを疲れた体にゆっくり流し込んでいくことも、また格別です。
b863bdec9c939fda0d39a04604e688126243a49c.jpg



今ブログに記事をアップしようとしていたら急に画面が暗くなり動かなくなってしまった。電源ボタン連打してたら再起動しましたけど、このパソコンは本格的ヤバそうです。書いていた記事も消えちまいましたよ。



最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説ランキング
posted by シバモト at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

アップルジンジャーは少し辛めで



   今日のつぶやき
今日は昨日よりもさらに路面がつるつるで、今季初めてひっくり返ってしまいました。
転ぶまでに多少の抵抗はしたんですよ。氷に足を取られた瞬間に体重移動をし、無事な方の足をこまめに動かし何とか体制を整えようとしたのですが、無駄な抵抗でした。多くの人が通る中、思いっきり氷った路面に体を叩きつけましたよ。
 こういう時って変に心配しないで通り過ぎて行ってくれた方がありがたいんですけど(恥ずかしいから)、今朝は講義に向かっているのであろう大学生らしきカップルの彼女の方に声をかけられてしまいました。
彼女らしき人「大丈夫ですか~」
私「はい、大丈夫です」
彼女らしき人「すっごい滑り方でしたね」
私「ここ毎年滑りやすくなるんですよね~ 去年もここで転んだ覚えがありますよ、ははは」
ここで私は強く思うのです。『大丈夫だってわかったんだから変に会話をしてこなくていいよ。恥ずかしいからもう行ってくれ』
彼女らしき人「去年もここで、悪運強いですね」
まだ話そうとする彼女と、必死に氷の上で立ち上がろうとする私を半笑いで見下ろす彼氏。顔は良く言ってもバナナマンの設楽、悪く言えば栄養失調のやせ細ったゴリラ。
そんな顔でニヤついてる暇があったら手でも差し出してほしかったです。


朝から滑った流れで今日は忘年会で大滑りした話をしようかと思いましたが、(・∀・)ニヤニヤと見下ろされていたのが悔しかったので、違う話を。


私が好んで飲んでいたディーンアンドデルーカのアップルジンジャーを飲み干してしまったので、仕方なく札幌の百貨店に行き他のアップルジンジャーを買ってきました。

私はジンジャー系の飲み物が好きで、中でも特にアップルジンジャーが好きでして、毎日飲むとまでは言いませんがリラックスしたいときや仕事の休憩時に飲み、頭の鈍りをほぐします。
実際にそんな効能はアップルジンジャーにはないのでしょうが、自分に合った食べ物や飲み物を口にすると自然と自分の中の何かが開けてくる気持ちになるんです。
IMG_6493web-683x1024.png


そんな時に書く文章はやっぱり出来がいい気がしますし。

これからはアップルジンジャーを持ち歩く生活にしようかな。そして札幌にある美術館を見て回ったりして感性を高めるのもいいかもしれない。

でもアップルジンジャー入れた水筒持って転んだら、何か憐れな気持ちになりそうですね。
「私は何やってんだ」って・・・


でもアップルジンジャーは少し辛めが一番おいしいんですよね。

程よい辛さに+1されたくらいの味が一番。

国立新美術館で体の空気を入れ替えて、札幌とは違う都会の空気を吸いながらミッドタウンのディーンアンドデルーカへ行き、瓶に入ったアップルジンジャーを飲み、札幌に持ち帰るための冷水や温水で薄めるタイプのアップルジンジャーを買う。これも幸せの一つなんですよ。
keikonoryokouki-2013-02-22T19_03_14-2.jpgbst_dd_juice130404_img.jpg

そして12月の夜ならアップルジンジャーの入った袋を持ったままけやき坂へ行き、イルミネーションを眺めながら蔦屋とコラボしているスタバに入るのです。
CIMG9898.JPG



そういう有名どころに行きたがるのは田舎者の特徴ですって?

何とでも言ってください! 私は根っからの田舎者ですから痛くもかゆくもありません。

他人に何を言われようと笑われようと関係ないのです。自分が楽しいと感じられることをすることが一番。


最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説ランキング
posted by シバモト at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

あなたの知らない言葉

    今日のつぶやき
昨夜の記事の予想通り、今日の札幌は本当に歩きづらかったです。昨日降った雪が解け、半分液体状になったところで冷気によって凍り、一面デコボコのスケートリンク状態でした。ストックでもないと歩けないくらいでしたよ。
こんなの違い分かりませんよ。
20161101_1005.jpg


だから半端な気持ちで降るなと言ったのに・・・


今日は短くつぶやきを切り上げることが出来ました。

では本題へ。

私は小説なんか書いてますけど、言葉の専門家かと問われればそれはNOだと思います。
人よりは多くの言葉を知っているとは思いますし、その言葉の用法も幅広く使えると思います。
ですが専門家かと考えるとやはり違う気が・・・
31614264.jpg


だって辞書やらなにやら使わないと分からない言葉が、まだ山のようにあるんですから。
我々が日常的に使っている言葉の他にも、まだたくさんの言葉が眠っているんですよね。日本語を専門的に学んでいなければ一生目にすることもないような言葉だってあります。
9784000801218.jpg


それなのに、言葉に浅く広く触れた様な私が専門家を気取るなんて、おこがましいにもほどがあります。身の程を知れって話です。


ではここで問題です。皆さんは次の言葉の意味をいくつ知っていますか?

①進講(しんこう)
②献策(けんさく)
③憂悶(ゆうもん)
④膝詰め(ひざづめ)
⑤鼻薬を嗅がせる(はなぐすりをかがせる)
⑥春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)
⑦晴耕雨読(せいこううどく)
⑧一味同心(いちみどうしん)
⑨恐懼(きょうく)
⑩主客転倒(しゅかくてんとう)
どうです? けっこう難しいでしょう。
私は恥ずかしながら7問しかわかりませんでした。10点満点なら7点です。言葉の専門家なんて程遠い話ですよ。

それでは答えにまいりましょうか。
問題だけ出して答えを書かないのは性格悪すぎますからね。



答え
①天皇や貴人の前で学問の講義をすること
②上位の者や公の機関に対して計画・案などを申し述べること
③思い悩み、苦しむこと
④膝と膝とを付き合わせること。相手に強く詰め寄ること。
⑤賄賂を使う
⑥春風がのどかに吹くさま。ゆったりとのんびりとしているさま
⑦晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家で読書をすること。悠々自適の生活を送ること。
⑧心を一つにして力を合わせること、またその人々
⑨恐れかしこまること
⑩主と客の力関係が逆転すること。物事の軽重、本末などを取り違えること


一見難しそうな言葉ばかりでしたが、こうして意味を知るとけっこう使い勝手がよさそうな言葉もあるでしょう。
憂悶や春風駘蕩、恐懼なんて日常生活やブログでも使えそうですよね。

私は○○に恐懼している とか ○○の言葉に日々憂悶している とかね。
あと春風駘蕩なんて小説の一文にさらっと書き込んでいるとカッコいいですよ。あ、この作家さん言葉知ってるなぁと思います。


そしてこういう言葉を知っておくとどこかで役立つときはきますし、例えそういう場に巡り合えなかったとしても知っておくことに意味があると私は思います。経験と同じく知ることでも人間は成長できますからね。

たまには小説家らしいこともたまには言ってみました。


最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


小説家ランキング
posted by シバモト at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。